2019.05.26

英語でも一流の接客がしたい! 2ヵ月で中国での英語接客を達成したLECTEUR 五十嵐さんの勉強法とは

こんにちは!
Central Figure(CF)のコーチのRikaです。

英語コーチとして経営者と伴走するとともに、幼児英語教育を通して「当たり前に英語を話す日本をつくる」ことを志として日々活動しています!


CFの大きな特徴は「英語学習が目的ではない」こと。
英語を通じて、CXOのさらなるビジネスの発展や、何かの数字(目標)を達成するために一緒に伴走するということです。

私たちは一人ひとりに合った、その人専用のカリキュラム・プランを提供しています。




そのため、CFのカリキュラムは決まっていないので「このやり方が正しい」とか「この教材を使うのがよい」という概念はありません。
「この人がその目的を達成するために何ができるだろうか」ということにひたすら向き合い、お互いに納得感をもって進めていくということを大切にしています。


私の生徒さんの一人のLECTEURの代表、五十嵐 裕基(いがらし ゆうき)さん
顧客一人ひとりに寄り添った完全予約制オーダーメイドスーツを提供するオーダースーツ屋さんを経営されています。



LECTUERの代表、五十嵐 裕基さん



五十嵐さんはオフラインのサービスを大切にしていて、プロならではのフィッティングから生地選びまで顧客の体形や好みに合わせて、かっこよくスーツを着こなしてもらうための知識が大変豊富です。
その技術を海外でも展開して、そういった知識・技術がそろった販売員を育成する学校を作りたいという志をもっていらっしゃいます。


五十嵐さんが実際に北京でお仕事をしたときに、通訳を通してではスムーズな接客ができず、自分の言いたいことが全て伝えきれてないということに憤りを感じていました。
そこで、自分の言葉で想いを伝えたいということで今年の1月にCFに入会されました。


五十嵐さんは本番に向けてしっかりと準備されていたので、英語学習を始めてから2ヶ月で自分の言葉で接客をして、ビジネスをするという大きな成果をつくることができました!




私が五十嵐さんと一緒にやってきたことは……



①基礎の型をインプット
②接客に必要なフレーズを覚える
③実際にCF所属の外国人に英語で接客をする


という3点です。
特に①と②を集中してやっていきました。




①基礎の型をインプット

英語を話す上で必要な英語の仕組みをひたすら繰り返し反復してもらいました。
また、英文を作るって簡単だなって思ってもらえるよう、ご本人が納得できるように解説しました。




②接客に必要なフレーズを覚える

実際に五十嵐さんが日本語でお客さんに接客しているところを録音してもらい、それを英文にして、文章を覚えるというよりも、いろいろな言い換えができるように、よく使うフレーズや話始めを覚えながら練習しました。




接客では目の前にいる方と対話をするシーンです。
実際に一緒に鏡で見ている状況なので、簡単で伝わりやすいようthisやlike that/thisのような言葉を多く使うようにしました。
また、相手も第二外国語として英語を話す方ですので専門的な言葉を使うよりも簡単な単語を選びました。




③実際にCF所属の外国人に英語で接客をする

実際にCF所属の外国人と採寸の実践的な練習をしてもらいました。
「覚えたフレーズが自然に出てきたかどうか」も大事ですが、会話なので予期していなかったことを聞かれることもあるので、覚えたフレーズ以外をどうやって表現していったらよいかという課題も出てきます。

そんな時に「対応できるようにする」という新たな目標も出てきます。
そしてまた目標を立てて、練習して、実践して、再度目標を作って……というサイクルを作ることで、目標達成のために少しずつ段階を踏んでいくことになります。


英語には日本語のように丁寧な言葉がないと思われがちですが、実際そんなことはありません。
目上の人やお客様にちゃんとした言葉遣いができないと失礼に思われます。
特に接客では丁寧な言葉が求められますので、どのような言葉遣いが適切かを解説を入れながら、いろいろな場面で使用できるフレーズを覚えてもらいました。


そして、それらがすぐに出てくるよう実際に外国人相手に覚えたフレーズを使用して、本番である中国での接客に向けて練習しました。




五十嵐さんは「こういう時には英語でどのように言うかなーと考えるようになりました」と言っていただけるほど、普段から常に英語を意識した生活を送ってもらうことができました。
そんな五十嵐さんはコツコツと地道に努力を続けた結果、CF入会2か月後に中国にて、自ら直接英語で接客をすることができました。
当初の目標であった、海外で英語を使って日本のプロの接客をするという目標を達成することができました!


また、普段のセッション時では、文法解説や英作文するときのコツをお伝えしたときは
「めっちゃわかりやすい!」「英語が難しくなく感じる!」「できるような気がする!」とお言葉をいただけました!
私がそう思ってもらいたかったこと言っていただけたので、とても嬉しく感じました!


こんなにも間近で、経営者の大きなビジネスにおいての成功や成長をみることができるのはCFだけだと思います!
CFでは英語を通してビジネスでの成果出して、目的達成のために経営者の方と伴走をするコーチを募集しています!
また、4月には、そんな素敵な経営者たちがキャリアやヴィジョンについてスピーチをするイベントを開催しました!
イベントの様子については、レポート記事をお読みください!


夏頃にもまた同様のイベントを開催予定です。
ご興味あるかたは、HPのお問合せ、もしくはFacebookページよりご連絡ください!

Created with Sketch. シェア